Holography Talk

「 ホログラフィートーク」とは、心理療法の一種とされ、クライエントさま本人が感情や身体症状の意味を読み取り、解決し、自らを癒すプロセスを心理士が援助するものです。
ネガティブな感情や身体症状、繰り返し起こる問題は、その過去の再演であるとも言われています。問題の起源を探り解決することは、問題の根本を解決することになり、その再演を防ぐことにもなるでしょう。問題の解消後は未来に向かって、新しいリソースや解決法を見出していきます。
「ホログラフィートーク」のメリットは、人間の持つ豊かなイメージを利用することで、通常の意識下では現れにくい抑圧された問題場面に到達しやすく、根本的な問題の解決が進みやすいところです。また、過去のトラウマティックな場面に遭遇しても強い反応や、フラッシュバックが起こりにくく、安全性が高い方法です。心理士が介添えすることで、本人だけでは解決できない過去の問題をより良く解消するという効果が期待できます。

 

 

関連文献

白川美也子(2005)歴史とトラウマと解離.埋葬と亡霊(森茂起編),38-66.

嶺輝子(2017)ホログラフィートークとトラウマ治療.そだちの科学,29,69-74.

嶺輝子(2020)ホログラフィートークの複雑性PTSDに対する適応の可能性.精神神経学雑誌,122,10,757-763.