「解離性障害の声とのワークに取り組む」

今年のEMDR継続研修の講師は、重篤なトラウマ関連のケースへのEMDR適用を多数行っているスペインのドロレス先生でした。12時間の研修で様々なことを学びました。印象に残っている言葉は、「各(解離している)パーツがしていることには理由がある。よって、常にその理由は承認しなければならない。」「承認で大事なのは、全ての異なる感情やニーズを私たちが受け入れることだ。」でした。解離性障害に限らず、私たちが生きていてる上で自身の言動を自分が受け止めることができるようになること、これは心理療法の目標の一つだと思います。